1. >
  2. 私のカードローン失敗談です

私のカードローン失敗談です

親に貸すのに5万円借りました。カード会社の方で月々3000円を返済するように決まってたので、3000円なら負担にならなくて大丈夫だろうと思ってました。ですが利子が多かったのでなかなか終わらず、1年以上かかってしまいました。その間に結婚することが決まってたのですが、相手がそうゆうことにはうるさい人だったので、どうやって伝えたらいいか悩みました。結局最後まで何も言えず、相手にこれなんの支払いなのかと聞かれてもあやふやにしてしまいました。キャッシングは便利だけど、あとからが大変だとわかったので、もう使わないと決めました。

キャッシングやカードローンの個人的な見解

キャッシングやカードローンについては、個人的にネガティブなイメージが強く、一度借りたらまた借りてしまう負の連鎖にハマってしまうと思い込んでいました。

そのため、いくらお金に困ってもキャッシングやカードローンには手を出さないようにしています。

しかし、実際はどのようなシステムになっているのか分かりません。自分が思っているのとは違い、今の時代、今の生活の中にあって自然なものかも知れませんし、私個人的に不必要なものであっても、利用する側にとっては必要不可欠なものかも知れません。

でもやっぱり私は使いませんね。

利用を計画的さえすればとても便利なカードローン

カードローンは、いざ現金が必要というときに凄く便利だと思います。

ただ、今はネットでも入会出来、簡単に借りれるため、返せない人が増えている気がします。

友人の話なんですが、ネットで入会し簡単に借りれるため、何も考えずに限度額まで借りてしまい、返せなくなって返済を滞ってしまっているという話を聞きました。

友人は、どうにかなるだろうと甘い考えで借り返済出来なくなり、後悔していました。

キャッシングやカードローンを利用するときは、返せる金額を考えてから借りるべきだと思います。

返せないなら借りるなと私は感じました。