1. >
  2. 便利だけど気をつけて利用しよう。

便利だけど気をつけて利用しよう。

お金を借りる便利なサービスだとは思うが、私は実際のところ何かトラブルになったら怖いから使用したことはありません。知人や家族がサービスを使用していましたが、返済時の利子が高かったり、利用する際はとても複雑だと話していました。私自身もカードロン、キャッシングと名前を聞くと、借金のイメージが強く借りるのに抵抗があるところが正直なところですが、なくてはならないサービスだと思います。いざ現金が必要になった時、家族や友達からはどうしても金銭面は借りにくいので、本当にまとまったお金が必要になった時は利用を考えて見ようと思います。

学費が足りない大学生のキャッシング地獄について

大学に進学した際に本代が足りなくてキャッシングで購入したことからカードローン地獄に

陥ってしまいました。父親が大学に進学経験がなかった上に、女性は大学に行くべきではないという考えだったので、進学の際に学校に払う分しか学費を出してくれませんでした。それに図書館で勉強する本だけで間に合うという感覚だったため、新しいテキストや参考文献が必要となった時にそれを学費として出して欲しいと言えない状況でした。そこで小遣いとしてもらった分から最初はしのいでいましたが、大学生だというのにひと月一万円しかお小遣いがなかったのでだんだんと支払いが困難になっていきました。アルバイト代で払おうと努力もしたが、アルバイトをするなら大学を辞めさせると言われてほどほどにするしかありませんでした。その内大学内でのお付き合いもありカードを利用することが多くなりました。結局、卒業の際に100万円程の借金ができて、返済するために飲まず食わずの生活をして大変な目に遭いました。身体も悪くして、精神的にも病院に通うほどひどくなりました。キャッシングやカードローンは便利ですが、今はデビッドカードの方を利用して、計画的に大型商品を購入する以外は利用しないようにしています。貧困社会で学費の借金している大学生が多いと聞くと非常に胸が痛くなります。

カードは正しい使い方を!

知人から聞いた話になります。

若い頃よく知らないままカードを作り、そのカードでほとんどの買い物を済ませるようになったそうです。

最初はそれなりに気をつけていたのに、カードを使用することに慣れてきた頃、少し油断したのかかなり使い込んでしまったらしいです。

そのときはなんとかなったそうで、それでまた油断したのかどんどん使うようになったと聞きました。

ある程度なら使いすぎてもなんとかなる、と感覚が麻痺したのかと思います。

結局それが親に知られてしまい実家に連れ戻され、しばらく親の監視下で生活したそうです。

使い込んだ分は親が立て替えたと聞いて、他人のことですが情けない気持ちになりました。